普段体験できないオナクラでは様々な女性がそろっています

サイトマップ

ベッドの上の女性

オナクラ初心者におすすめのオプション

金髪の女性

オナクラでの時間をより楽しいものにしたい、最高の気分でフィニッシュの手コキを堪能したい、そんな時はオプションの活用を考えておくことがおすすめです。基本サービスは女の子によるオナニー鑑賞とフィニッシュ時の手コキのみと、とてもシンプルなオナクラですが、オプションを追加することでプレイの幅を広げていくことができます。目隠しやコスプレなどその場で楽しめるオプションもあれば、パンティお持ち帰りのように自宅に帰ってからも余韻に浸れるオプションも用意されています。そんなオプションの中でも、選んでおいて損がないのが女の子の匂いを嗅ぐというプレイです。

匂いを嗅ぐオプションの魅力は、髪の毛や首筋だけでなく、普通の女の子であれば嫌がりそうな脇や足などの匂いも堪能することができます。嗅覚が性欲を高めてくれるだけでなく、匂いを嗅ぐ時には女の子との距離を大幅に縮めることができるというメリットもあります。容姿だけでなく様々な部位の匂いまで堪能した女の子が、手コキでご奉仕してくれる姿を見れば、最高の気分でフィニッシュを迎えることができるでしょう。そのため、オナクラでの時間をより楽しいものにしたい時は、匂いを嗅ぐというオプションを選んでおいて損がありません。

オナクラに行くのに最適な曜日や時間帯は

オナニーをする姿を女の子に眺めて貰うことができるだけでなく、フィニッシュを迎える時は手コキでお手伝いをして貰えるサービスがオナクラです。20分など短いコース時間であれば5,000円以下で遊べる店も多く、手軽にスッキリとしたい時に最適と高い注目を集めています。元々料金が手頃なオナクラですが、よりお得に遊びたいという場合は、平日の昼間を狙ってみると良いでしょう。オナクラの中には、平日の昼間限定で、コース料金が割引となる昼割を用意する店があります。昼割を利用すれば、通常よりもお得な料金でオナクラのサービスを楽しむことができます。

安さよりも、女の子にこだわりたいという場合は、平日の夜や休日を狙ってみると良いでしょう。利用客が増えやすい平日の夜や休日は、出勤をしている女の子の人数も増えやすくなります。そのため、多くの女の子の中からより好みの女の子を選ぶということが可能となります。そのため、理想の女の子にオナニーを眺めて貰いたい、手コキをして貰いたいという場合は、女の子が多い時間帯を狙ってみると良いでしょう。オナニー鑑賞と手コキがメインのオナクラは、女の子が疲れにくく、比較的遅い時間であっても元気な女の子に接客をして貰うことができます。

オナクラは新人割引を活用して遊ぼう

女の子に見られながらオナニーを楽しめるだけでなく、フィニッシュでは手コキのお手伝いもして貰えるサービスがオナクラです。20分などの短いコースも用意されており、気軽に利用できることでも人気となっています。そんなオナクラで、お得に遊びたい、最高の時間を過ごしたいという場合は、新人割引の活用を考えておくと良いでしょう。

新人割引とは、オナクラで働き始めたばかりの女の子と遊ぶ場合に適用される割引サービスです。この新人割引は、ただ安く遊べるだけでなく、女の子の初々しい反応を堪能できるというメリットもあります。オナクラで働く多くの女の子は、風俗業界未経験の女の子です。その中でも働き始めたばかりの女の子は、オナニーを眺める時、手コキを手伝う時など様々な場面で初々しい反応を見せてくれます。恥じらいながらも、懸命にオナニーを眺めてくれたり、手コキをしてくれる姿を見れば、最高の気分でフィニッシュを迎えることができるでしょう。そのため、安くオナクラを利用したい人は勿論、女の子の可愛い反応を楽しみたい時も新人割引の活用を考えておいて損がありません。そんな新人割引を利用したい時は、新人のデビューを見逃さないようにこまめに公式サイトをチェックしておくことがおすすめです。


日常に充実はしているけど、時々抜け出したくなるそんなあなたに、非日常を楽しめるオナクラがおすすめです!そんなオナクラを激安で楽しめるお店の情報が掲載されているサイトは『諭吉で風俗!!』がおすすめ!激安風俗情報を地域別で掲載しております!

オススメ記事

ネックレスをした女性

オナクラを満喫するために最適なコース時間

一般的な風俗の場合、プレイを満喫したいのであれば60分以上の長めのコースを選んでおくことが有効です。ただ、女の子にオナニーをする姿を眺めて貰うオナクラに関しては、20分のコースでも最高の時間を過ごすことができます。短時間でも満足できる理由は、プレイ前のシャワータイムが必要ないため、そして女の子の姿を眺めながら自分のペースでオナニーを楽しめるためです。フィニ…

更新記事

»一覧へ